女性社員座談会

たくさんの女性社員が活躍している京三製作所。技術部、営業部、総務部とそれぞれ違う部署から集まった3名の社員が、女性ならではの視点で京三製作所を語り合います。

西村 裕子
西村 裕子
総務部秘書課
2006年入社

社会を支える「もの」をつくる「人」を支える仕事がしたいと思い入社。総務業務全般から来客対応まで、幅広い仕事を行っている。1児の母。

大江 真里
大江 真里
第4技術部
2010年入社

男女を問わずに技術者として活躍できる環境に魅力を感じ、京三製作所に入社。現在は1児の母として、設計の仕事と育児を両立している。

中村 彩
中村 彩
信号事業部
第1営業部
2015年入社

「生活に不可欠なものに携わりたい」という想いを持ち、京三製作所へ。信号設備の営業として、以前からよく利用していた鉄道会社を担当している。

Girls Talk 1

職場環境はいかがですか?

中村 彩 先輩たちはみんないい人で、部署を問わず人の温かさがあります。些細なことでも聞くと丁寧に教えてくれますし、私が間違えたり失敗したりしたときはきちんと叱ってくれるので、見守ってくれていると感じます。
大江 真里 確かに後輩を放っておくことはなくて、面倒見がいいのは京三の特徴だと思います。私も新人の頃はコミュニケーションが苦手でしたが、先輩たちが声をかけてくれたので職場に慣れることができました。今は私が先輩になったので、後輩たちにちょっかい出してます(笑)。
西村 裕子 秘書課は人数が少ない分お互いの距離が近くて、すぐに相談できたり、協力し合って仕事ができています。東京事務所の勤怠や経理の管理もしているので、ほかの部署の人と接する機会も多いですね。ちょっと息抜きに話をしにくる人もいますよ。
中村 彩 私がいる営業部はほとんど男性ですが、女性だからといって特別に可愛がられることはないですね(笑)。いい意味で特別扱いされることはなくて、男女関係なく仕事を任せてもらえます。夜間に作業着を着て、現場での装置切替作業に立ち合うこともありますよ。現場を見られるのは勉強になるので嬉しいです。
大江 真里 女性だから、男性だから、という文化はないですよね。私が入社した頃は、まだ女性の技術者を採用している企業が少なかったのですが、京三は積極的に採用していました。男女関係なく技術者としてステップアップしていけると聞いて入社したのですが、実際にその通りでした。
女性社員座談会
女性社員座談会
Girls Talk 2

育児と仕事の両立は、どうですか?

西村 裕子 私は昨年に育児休暇から復帰したのですが、京三製作所は育児制度がすごく充実していると実感しました。満3歳まで育児休暇を取れますし、子供が小学校を卒業するまで時短勤務が認められます。私は育休から1年で復帰しましたが、延長することもできたので、保育園に入れなかったらどうしようと焦る気持ちも少なかったです。私だけじゃなくて京三は子育てから復帰する女性社員が多いように感じます。
大江 真里 私も以前に育休を取りました。ニュースなどを見ると、保育園に入れなくて会社を辞めざるを得なかったという話も聞くので、京三は本当にいい環境だと思います。今は時短勤務で16時に退社しているのですが、周りのメンバーに本当に助けてもらっています。子育ての先輩もたくさんいるので心強いですね。今の上司も2児のパパなので、よく子育ての相談をしています。制度だけでなく、周りの理解があることがありがたいです。
西村 裕子 私も時短勤務なので、課の同僚たちのフォローに支えられています。育休から復帰するときも、仕事のやり方や子どもが急に体調を崩したときにどうするかなど、課内で話し合って決めることができました。本当に周囲のフォローなくしては成り立たないので、感謝しています。
中村 彩 私も将来は結婚して子どもを育てたいと思っているので、お二人のように育児と仕事を両立している先輩がいると、がんばれそうだなって思えます。
大江 真里 営業部にも、今度私の同期が育休から復帰しますよ!
中村 彩 そうですよね! 営業の先輩のそういった姿を見られるのは嬉しいです。そして将来は、後輩たちに自分の姿を見せたいです。
女性社員座談会
女性社員座談会
Girls Talk 3

オフィスの周辺環境はいかがですか?

中村 彩 先輩や同期と一緒に食事に行ったり、お酒を飲みに行くこともあります。東京営業所の周りには飲食店が多いので、お店に困ることはないですね。本社からきた技術の人と打ち合せしたあとに「いいお店に連れて行ってよ」なんて話になることもあります。
西村 裕子 私も子どもが生まれる前は出かけていました。東京事務所には周辺の飲食店などが掲載されたフリーペーパーが届くのですが、それを見ながら課内で「ここのお店に行きたい!」という話になって仕事帰りに行くこともありました。
大江 真里 私も以前は飲みに行くことがありました。仕事を終えて「疲れたー!」って言っていると、「じゃあ飲み行くか」と上司が声をかけてくれたり。水曜日がノー残業デーなので行きやすいですね。本社がある鶴見に結構お店がありますし、川崎に出掛けることもあります。あと本社には食堂があるので、ランチは食堂で食べることが多いです。美味しいし、安くてメニューが豊富なので嬉しいです。
中村 彩 私は外回りの途中でランチを食べることが多いですね。営業所にいるときは、先輩と一緒に近くのお店で食べることもあります。

最後に、今後の目標を教えてください。

中村 彩 営業は男性が多いからこそ、女性であることでお客様や先輩にすぐに覚えてもらえるなど、存在感を出しやすいと思っています。今後はもっとたくさんの人に「営業の中村さん」って言ってもらえるようになりたいです。
西村 裕子 東京事務所でも先に育休から復帰した先輩がいましたので、私も安心して復帰することが出来ました。まだ育休から復帰したばかりなので、仕事と子育ての両立が出来ているかは自信がありませんが、今後は一緒に働いている皆さんが同じ立場になったときに安心感を与えられるような存在になりたいです。
大江 真里 私はもっと技術力を身につけて、後輩を導けるような存在になりたいです。そしてゆくゆくはもう1人子どもを産んで「2人いても全然大丈夫じゃん!」と思わせられるような先輩になりたいです。
女性社員座談会
女性社員座談会